2014/01/23

手描き文字のデザイン

綿貫宏介さんの作品は、関西の方には馴染みがあるかもしれません。
有馬温泉のお店の看板、本高砂屋や御影高杉等を手掛けていらっしゃる方です。
少し前から、私はこの方の作風が気になっています。
まとまった資料はないようですが、ネットで検索するといくつか作品を見ることができます。

そのまま真似をするのは気が引けるので、自分なりに要素を考え、
作品制作に還元していこうと思っています。
ということで、まずは自分の名前をデザインしてみました。
今度新しくする予定の名刺に使いたいと思います。

実際の綿貫さんの線は、落款風の強さと、もっと繊細でしなやかな動きを感じさせます。
「佇まい」と言うのでしょうか。その点はまだまだ足りません。
これからさらに勉強したいと思います。
加えて、装飾的な図案も描かれていますが、
これについては、自分も絵を描いているので
オリジナリティを出せるのではないかと、目下思案中。
絵は、ル・カインやツヴェルガーのタッチが好きなので、そっちを勉強中です。

この2つ(文字と絵)の相性は、正直良くないかもしれませんが、
折り合いを付ける中で自分なりの描き方が見つかっていくような気がしています。

手書き文字・絵から起こしたデザインで、ロゴ制作も承っております。
他のデザイン屋さんでは、あまりないかもしれません。
ご興味のある方はぜひお試し下さい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Copyright © comapict blog. All Rights Reserved.
Blogger Template by The October Studio